自分で作るカッティングステッカー

カッティングステッカーは実はインクジェットプリンターで作ることができるというのを皆さんは知っていますか、例えばエーワンの手作りステッカー 5セットパックとかを使用すると家庭にあるインクジェットプリンターで自分のデザインしたマークを大師に印刷してステッカーにすることができます。この商品のよさは簡単にデカールでもステッカーでも何でも自分で作ることができる点です。

もちろん耐水性で水に強いので車に貼るステッカーとしても張ることができますし、何よりシールですので普通に貼りたい位置に貼り付けるだけでよいのです。もちろん水につけて貼り付ける糊付けタイプではないのでデカールのようにマークが千切れるといったこともないです。私の経験上、デカールタイプのものだと水とともに空気が入ったりして綺麗に貼れないということがありました。

でも、このシールタイプですと子供でも貼り付けることができるでしょう。別に車に使用する必要もないのですから。例えばプラモデルのデカールとして自分でデザインしたマークをプリンタで印刷して張り合わせてプラモデルに貼り付けるといった使用方法もあります。大師自体がきらきらしたタイプやホログラムタイプなどもあり、使い方によっては見たこともない自分だけのステッカーを作ることができます。ですがこの商品、使ってみて分かることなのですが、インクが滲んでしまい、文字がつぶれたりしてしまうこともあります。一応公式のサイトでプリンターの設定方法が細かく解説されていますがそれでも失敗するときは失敗します。

そうなってくると、専門のカッティングステッカーを作ってもらうサービスを利用するかはじめからデザインされたカッティングステッカーを使用して車なりプラモデルなりのカスタマイズを楽しむしかないです。この場合だとデザインする面白みというものは無いので、私は失敗しても良いからカッティングステッカーを自分でデザインして作るキットを使用して位置からステッカーを作るほうが良いです。自分で作ったものの法が愛着もわきますし、誰も真似しないデザインを気兼ねなくデザインしてみんなに見せびらかすことができるわけですから、自分でデザインしてみんなの前で見せびらかしたいです。だって、こういったカッティングステッカーを車なり何なりに貼っているのはそういった見せびらかしたいという願望からすることだと自分は思っています。じゃなければ、別にわざわざ自分ででカッティングしてまでステッカーを貼りませんよね。

投稿日: