カッティングステッカーの特徴とデメリットとメリットについて

カッティングステッカーと聞いて知らない人も多いと思いますが、そもそもカッティングステッカーは、塩ビシートをプロッターという機械で文字やロゴをカットして製作するタイプで、文字やロゴのみがステッカーとして残る便利な道具です。

【カッティングステッカーの用途】
切り文字のカッティングステッカーは、一般的に社内のプレートや案内板に用いられる事がベターですが、使われる場所も様々です。窓ガラスに貼ったり、看板に使用される事もあります。身近には車に貼られる事もあるので、使い方は多いと言えます。カッティングステッカーは販売用として特定の商品を販売しているお店で良く見かけます。車専門店や釣り具のメーカーなどロゴの入ったステッカーなどを販売していたりします。カッティングステッカーは生活をしている中でとても身近に使われているアイテムと言えます。

【カッティングステッカーの魅力について】
カッティングステッカーは、シールとは異なり透明の箇所がないので、縁が鋭く、綺麗な仕上がりになります。ガラスや車、バイクなどの個性を出す為に利用されていて人気があります。コストもシルクスクリーン印刷とは異なり、小ロットで安く上げる事が出来ます。カッティングステッカーは、バリエーションも豊富なので、電飾用や反射シート、メタリック仕様など多くあります。
【カッティングステッカーのデメリットについて】
カッティングステッカーのデメリットとしては、素材自体が薄い事から細かい表現をする事が難しく2センチ角以下の文字であれば、接着面の問題から粘着力が弱くなってしまう可能性があります。カッティングステッカーはメーカーで多くの色合いがありますが、見本以外の色は出せない事もデメリットに挙げられます。
【自作で出来るカッティングステッカー】
車のワンポイントなどに使用できるカッティングステッカーですが、自作する事も出来ます。マスキングテープやステッカーのもとになるカッティングシート、印刷用紙が必要になります。カットする為のデザインナイフや接着する為ノリは必要になりますが、ホームセンターで全て揃ってしまいます。

【まとめ】
カッティングステッカーは貼るだけで大きく印象を変える事が出来るので、ドレスアップにおすすめと言えます。カッティングステッカーは自作する事も出来るので、興味のある人は作って見る事も良いです。身近に利用されているカッティングステッカーなので、理解を深めておくと良いです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA