カッティングステッカーの種類やだいたいの価格

カッティングステッカーというのは、文字やマーク、イラストの部分だけを残して貼り付けることのできるステッカーのことです。通常のステッカーは、四角や丸といった形をしたステッカーの中に文字やマークなどが描かれており、その全体を貼り付けるものですが、カッティングステッカーの場合は切り文字だけを貼り付けることができるのが大きな特徴になります。カッティングステッカーは、窓や車に貼り付けることでお店や会社の看板にするといった用途で使われることが多いと言えるでしょう。

例えばお店の窓に貼り付けると、文字やマークだけを貼り付けることができるため、通常のステッカーのように視界を遮ることがありません。そして車の場合は、車体や窓ガラスに貼り付けることが可能なので、社名や電話番号などを社用車に貼り付けることで会社の宣伝を行うことも出来るでしょう。また、お店や会社だけでなく一般の家庭でも、好きなデザインのものを貼って楽しむことが出来ますし、個人の車の場合であれば、趣味やオシャレのために貼るという楽しみ方もあるでしょう。

では、カッティングステッカーはどこで手に入るのかというと、それを専門に扱っているネット通販などで注文することによって簡単に作成してもらうことが出来ます。注文する際はデータ入稿を行う必要があり、パソコンで制作したデザインのデータを専門ショップへ送るといった方法が一般的でしょう。しかしデザインのデータを自分で作成できない場合でも、文字の種類や文字の配置などを指定することで作成できるといった場合もあるため、安心して注文することが出来ます。

カッティングステッカーの値段に関しては、文字数で値段が決まる場合と面積で値段が決まる場合の主に2つがあると言えます。文字数で値段が決まる場合は、文字の大きさごとに一文字あたりいくらという値段が設定されています。そして面積で値段が決まる場合は、例えば60cm×20cmの場合はいくらといった、長辺と短辺を掛けた面積での値段設定がなされていると言えるでしょう。さらにカッティングステッカーの値段は、ステッカーの素材によっても違いがあり、より耐久性の高い素材や、蛍光色などの特殊な素材の場合は通常のものより値段が高くなります。

また、注文する枚数は1枚からでもOKという場合も多いですが、注文枚数が多いほど割引してもらえるというケースが多いと言えるでしょう。相場に関しては、60cm×20cm程度の面積の場合で、2000円~4000円程度というのが一般的だと言えます。

投稿日: