カッティングステッカーは屋外でも強い

街のお店や自動車などいたるところで見つけることができるカッティングステッカーですが、いったい普通のステッカーとどこが違うのか、どのようなメリットがあるのか気になったことがあるという方もいらっしゃるのではないかと思います。

まずカッティングステッカー最大のメリットは優れた耐久性です。多くのカッティングシートは耐候性や耐久性に優れています。そのため水の中であってもふやけてしまったり剥がれてしまうことが少なく、屋外でも長い間使用することができます。更にシートによっては太陽光に強いものもあったりと丈夫であるため、屋外に設置されている看板やマリンスポーツに活用することも可能なのです。ラリーカーなど過酷な環境を走る自動車にカッティングステッカーが用いられていることが多い所以はこの丈夫さにあるといっても過言ではないでしょう。

もう一つ、背景にとらわれないというのもまたカッティングステッカーの利点です。カッティングステッカーとは切り文字ステッカーともいわれる通り、文字を切り出して使われるものです。通常のステッカーを白い壁に貼ろうと思った場合、ステッカーの背景色が白であれば文字部分を目立たせることができます。しかし多少なりとも色の違いや影によって段差が目立ってしまうことがあったり、背景色が異なれば文字だけを強調することが難しくなるという欠点もあります。その点カッティングステッカーであれば文字部分のみを貼り付けることができるため、文字以外の部分を透過させることが可能となります。ガラスなどに貼り付ける際にはそのメリットを強く感じることができるでしょう。ちなみに透過できるということは一文字ずつ貼り付けるということだから、ずれてしまうのではと思ってしまうこともあるでしょう。カッティングステッカーの上部には転写シートというものがあります。この転写シートは台紙と同じサイズであるため、文字を固定しておくことができます。つまりステッカーを希望の場所に貼り付けた後、転写シートを剥がしてあげればずれを回避することができるというわけなのですね。下から剥離紙の台紙、文字のとおりに切り抜かれたカッティングステッカー、転写シートという構造になっており、最終的に転写シートを剥がしてあげることで完成するのです。
印刷ができなかったりあまりにも細かな文字は潰れてしまったりするなどの欠点もありますが、シンプルに文字のみを目立たせたいというシーンには重宝してくれる存在となります。看板やガラス面にちょっとした案内を貼り付けたいといった場合にはカッティングステッカーを活用してみると良いかもしれませんね。

投稿日: